Reading: 2003年11月アーカイブ

「強救戦艦メデューシン〈下〉」読了。
やっぱりブラックジャックに似ているところがあるような……

「強救戦艦メデューシン〈上〉」読了。
一部の記述がブラックジャックに酷似している気がする。読者にとってはどうでもいいことだが。


「群青神殿」読了

| トラックバック(0)

「群青神殿」読了。
大き目の伏線が読めてしまったのは興ざめだったが、いくつかちゃんとひっくり返しどころもつくってあって楽しめた。

「回転翼の天使―ジュエルボックス・ナビゲイター」読了。
小川一水の作品に共通して流れているテーマに「現場根性」があるように思う。プロフェッショナルたちが、規則や慣例を無視して、良い結果をだそうとする姿を礼賛する、そんな傾向が鼻につかないのは、作者が綿密に計算しているから…ではなく、単に私がそういうのが好きだから、かもしれない。でもまあ、よみやすいし、いいんじゃないでしょうか。小川一水シリーズ、もう少し続きます。


「ターン」読了

| トラックバック(0)

「ターン」読了。
話の流れに引っ張られて、設定に無用の負荷がかかっている。しかし、それはそれできれいにまとまっているのだから、あとがきでいいわけをする必要はないのではなかろうか。


「踊る少女」読了

| トラックバック(0)

「踊る少女」読了。
自分の良く知っているはずの相手が違う顔をもっていた、という怖さをテーマにした短編集。じゃっかん、傾向が読めてしまう嫌いはある。


「池澤夏樹詩集成」読了

| トラックバック(0)

「池澤夏樹詩集成」読了(詩集を読みおえるというのも変なのだが、それを言い出すとどんな本も読みおえるということがありえなくなってしまう気がする)。
池澤夏樹が詩を書いている(いた)ことを知っている人は案外少ないようだ。どの詩も読み終えたあとに映像が浮かぶ感じがして気に入っている。

「ビジネスマンが息子と楽しむ75通りの遊び方」読了。
多分、この本で想定されているのは小学校低学年くらいの「息子」なのだろう。が、「これならウチの子もできるかな」と考えながら読むのもまた楽しい。

「へんこつ なんこつ―私の履歴書」読了。
名のある経営者は何かしら語るに足るものを持っている。うらやましい。

「「わかっているのにできない」脳」読了。
ADD(注意欠陥障害)と呼ばれる"状態"については、LD(学習障害)との絡みなどもあり、実態が理解されずに言葉だけが一人歩きしているように思われる。まずはこうした本から過不足のない認識を得る第一歩にすることが必要。


「復活の朝」読了

| トラックバック(0)

「復活の朝―グイン・サーガ〈92〉」読了。
物語に比較的大きな区切りがついた。次からの展開が楽しみ。作者もあとがきで触れているが、あと8巻で収拾がつくとは、とても思えない<ほめ言葉。

「イカロスの誕生日」読了。
「What if(もしも)」が現実になった世界を表現するために、その世界であれば当たり前であろう用語を会話にちりばめる、というのはおそらく、SFの普遍的な手法なのだろう。
「トリムずれ直してから文句垂れなさいよこの潰れバレルロール打ち!」
……堪能しました。

「できる社員は『やり過ごす』」読了。釈然としていなかったことのいくつかが腑に落ちた。主流派の意見ではないが、手札のひとつとして理解しておきたい考え方。


「八妖伝」読了

| トラックバック(0)

「八妖伝」読了。前作「霊玉伝」よりも読みやすく、楽しめる。


「トリビアの泉 4」読了

| トラックバック(0)

「トリビアの泉 4」読了。この本を読むのは、本を読んでいる、というよりは雑誌を眺めているのに近い感覚。

それにしては高いな。


「霊玉伝」読了

| トラックバック(0)

「霊玉伝」読了。前作「鳥姫伝」に続く、中国を舞台にしたファンタジーの第2弾。「綱渡りのようなプロットをまとめあげる苦労(解説より)」もさることながら、「固有名詞に漢語の訳語を当てはめていった訳者の力」がすばらしい。これが全部カタカナだったらどれだけ興ざめだったことか。


「恋愛100の法則」読了

| トラックバック(0)

「恋愛100の法則」読了。
含蓄に富んではいるが、いかんせんちょっと長すぎる。
一冊の本の中でネタがかぶる“中島○も現象”がおきかねない。


「鉄槌!」読了

| トラックバック(0)

「鉄槌!」読了。
何がすごいって、登場する弁護士たちの日本語がすごい。それだけでも一読の価値あり。


「新解さんの謎」読了

| トラックバック(0)

「新解さんの謎」読了。…新明解に限らず、短い文章で抽象的なものを定義しなければならない国語辞典は、大真面目に妙な事を言う、という結果に陥りがちな気がする。それをあまり茶化すのは編纂者に気の毒だ。
が、笑ってしまう。

「消えた少年たち〈下〉」読了。
悲しい話だったが、物語がきれいに流れてまとまっていく感じはカードの得意とするところ。

それにしても、この題材は、オースン・スコット・カードというよりはスティーブン・キングあたりが書きそうな気がする。

「仮面ライダーSPIRITS (5)」読了。く~っ、格好いいねぇ。

「消えた少年たち〈上〉」読了。
久々のカードだが、これまで読んだカード作品とずいぶん毛色が違うので戸惑った。


アーカイブ

Books

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 魔術師ペンリック (創元推理文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

194340761